成長ホルモンとバストアップ|ピンキープラス

成長ホルモンはバストアップに大事なのを知っていますか?その秘密とは?
MENU

成長ホルモンが胸を大きくする?

 

バストアップというと、どうしても女性ホルモンに注目されがちですが、実は成長ホルモンも大きく関係しています。

 

 

しかもやっかいなことに、この成長ホルモンは17歳ごろをピークにしてだんだんと分泌が減っていきます。

 

 

だから、思春期に急に胸が大きくなる人がいるんですよね!!

 

 

ココで、なぜ成長ホルモンがバストアップに関係するかという話をしておきます。

 

 

成長ホルモンがバストアップに関係する理由!

 

バストアップとして、ラクトゲン受容体と成長ホルモンが上手く結びつくことが大事となってきます。

 

 

これによって胸が大きくなるのですが、成長ホルモンとラクトゲン受容体はタイミングが重なるからこそ胸が大きくなりえます!

 

 

反対にこの時期が上手く噛み合ないと胸が大きくなりません。

 

 

今貧乳だって悩んでる人は、この成長ホルモンとラクトゲン受容体の時期が上手く噛み合なかった人である可能性が高いです。

 

 

でもどうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

 

 

ラクトゲン受容体が出来る時期は人それぞれ?

 

成長ホルモンとラクトゲン受容体が上手く一緒にならない理由として、ラクトゲン受容体が生成される時期に個人差があることが理由としてあげられます。

 

 

それに、最初にいったように成長ホルモンのピークは17歳ごろになっているので、ラクトゲン受容体と成長ホルモンが重ならない可能性があることが理解出来ると思います。

 

 

でもこれには解決策があります。

 

 

成長ホルモンの分泌を促せばいい!


成長ホルモンの分泌は17歳がピークだと言いましたが、その後も全く分泌されないということはありません。

 

 

思春期を過ぎた後の成長ホルモンの分泌量の違いは、生活習慣や食生活などで大きく変わると言われています。

 

 

なので、この成長ホルモンが上手く分泌される環境にすればいいと言えます。

 

 

バストアップに有効な成長ホルモンの分泌を促すためにはピンキープラスというサプリがおすすめです。

 

 

是非、成長ホルモンの分泌を増やしてバストアップを目指しましょう!

 

 

 

このページの先頭へ