ピンキープラス 成分

ピンキープラスの成分にワイルドヤムがあります。でもどんな効果や特徴がある成分なのでしょうか?
MENU

ピンキープラスの成分のワイルドヤムとは?

 

ピンキープラスには他のサプリには含まれていない成分があります。

 

 

それがワイルドヤムです。

 

 

ワイルドヤム??

 

 

と思われたかもしれませんが、ワイルドヤムには山芋などに含まれるジオスゲニンが含まれています。

 

 

ジオスゲニン??

 

 

とまたしても思ったかもしれませんね・・・

 

 

でもこのジオスゲニンは実は凄い成分なのです。

 

 

ジオスゲニンとは?

 

ピンキープラスに含まれるジオスゲニンとはDHEAという若返りホルモンと似た構造を持つ成分だと言われています。

 

 

日本では、未だDHEAが医薬品区分なので、ジオスゲニンはDHEA代替成分として期待されています。

 

そもそも、DHEAとは、性ホルモンの前駆体であり、「プロゲステロン」と呼ばれています。

 

海外のサプリに用いられているDHEAは、この山芋ジオスゲニンを由来とし、合成で作られています。


参照:http://kuriyamayuji.doorblog.jp/archives/51392310.html

 

 

これはある大学の博士からの文章を引用したのですが、

 

 

ジオスゲニンはDHEAという日本では医薬品扱いされているものの代替成分とまで期待されている成分なのです。

 

 

それに、ジオスゲニンがバストアップに大きく関係する理由として、このDHEAはプロゲステロンなのです。

 

プロゲステロンは、バストアップに大きく関係する女性ホルモンです。

 

 

バストアップには乳線が関係しますが、この乳線を大きく発達させるのがプロゲステロンなのです。

 

 

プロゲステロンで乳線を大きく発達させることは、周りの脂肪を増やすことになり、結果的にバストアップに繋がります

 

 

なので、流れでいうと、プロゲステロン⇒乳線発達⇒バストアップという流れになります。

 

 

ピンキープラスのジオスゲニンはこれだけじゃない?

 

実はジオスゲニンのバストアップへの働きはこれだけでなく、エストロゲンにも関係します。

 

 

動態までは明確になっていないですが、このジオスゲニンも、DHEA同様、エストロゲン(女性ホルモン)、テステステロン(男性ホルモン)、副腎皮質ホルモンなどに分化すると言われています。

参照:http://kuriyamayuji.doorblog.jp/archives/51392310.html

 

 

エストロゲンというと、バストアップに良いというのは聞いたことがある人が多いかもしれません!

 

 

詳しく説明すると、このエストロゲンはプロゲステロンとはまた違った形で乳線に影響するのですが、それは乳線を増やす働きがあるのです。

 

 

それによってプロゲステロン同様、乳線が増える⇒周りの脂肪が増える⇒バストアップに繋がります。

 

 

ピンキープラスの成分【ワイルドヤム】まとめ

 

ワイルドヤムに含まれるジオスゲニンが大きくバストアップに関係するということがわかってもらえたのではないでしょうか??

 

 

まとめると、

 

 

ピンキープラスの成分のワイルドヤムに含まれるジオスゲニンは、

 

 

エストロゲン⇒乳線を増やす

 

 

プロゲステロン⇒乳線を大きくする

 

 

に繋がることで、バストアップが期待出来るということです。

 

 

是非ピンキープラスを試してみて下さい!

このページの先頭へ